WEEKLY 2021年12月12日号

レイ・ダリオ氏の3大懸念、投資家が知っておくべきこと

Ray Dalio Has 3 Big Things to Worry About. Here’s What Investors Need to Know.

インフレ、米国の「内戦」、米中の軍事紛争

中国に関するコメントで批判浴びる

Al Drago/Bloomberg
ヘッジファンド界の巨人レイ・ダリオ氏は、悪性インフレがキャッシュと米国債の価値を凋落(ちょうらく)させ、今後10年間に米国が「内戦」に陥る可能性が30%あり、また米中軍事紛争が生じる可能性も30%あると語る。

同氏は投資先分散の重要性を強調した。

ダリオ氏のブリッジウォーター・アソシエイツは運用資産約1500億ドルの世界最大のヘッジファンドであり、1987年と2008年の市場下落を避けたことで高く評価され、何十年にもわたって素晴らしいパフォーマンス…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Jack Hough
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. September Was Bad for Investors. October Could Be Worse.
  2. Junk-Bond Yields Top 8%. It Could Be a Good Time to Buy.
  3. Will This Be Another ‘Lost Decade’ for the Stock Market?
  4. Don’t Hide When Markets Tank. Instead, Seek Out Opportunity.
  5. Stocks are Sinking and Rates Are Rising. We’re Heading for Normal.
  6. Don’t Let the Market Scare You: 3 Moves You Can Make Right Now.
  7. What’s Next for the Healthcare Industry, and How to Invest
  8. Tumbling Markets Imperil Tech, the Dollar, and Private Equity
  9. New Alzheimer’s Drug Success Was a Shock. Now There Are 5 Big Questions.
  10. Uber Stock Can Rise on These 2 Trends