WEEKLY 2022年1月2日号

2022年のインカム投資対象ランキング

Barron’s Best Income Investments for the New Year

インカム志向の投資家は幅広い資産に注目すべし

10回目の本誌ランキングを実施

Illustration by Peter Crowther
最近の債券市場には味方が少ない。低利回りが続いていることを受けて、アナリストやアドバイザーは伝統的な株式60%、債券40%のポートフォリオ配分の見直しを投資家に強く勧めている。「債券王」と呼ばれた投資家のビル・グロース氏さえ債券を「ごみ」だと言う。

では、インカムを求める投資家はどうすれば良いのか。その答えは、株式や、債券市場の中でも株式に近い分野(転換社債やジャンク=投機的等級=債など)に視野を広げることだ。もちろん、これは一定のリス…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Andrew Bary
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. September Was Bad for Investors. October Could Be Worse.
  2. Amazon and Other Growth Stocks Have Been Hammered. Get Ready to Buy.
  3. Junk-Bond Yields Top 8%. It Could Be a Good Time to Buy.
  4. Stocks are Sinking and Rates Are Rising. We’re Heading for Normal.
  5. Tumbling Markets Imperil Tech, the Dollar, and Private Equity
  6. The Fed Raises Rates by 0.75 Point, Flags Higher Peak Than Expected
  7. What’s Next for the Healthcare Industry, and How to Invest
  8. Will This Be Another ‘Lost Decade’ for the Stock Market?
  9. Will the Dow Go Under 30k?
  10. Don’t Hide When Markets Tank. Instead, Seek Out Opportunity.