WEEKLY 2022年1月16日号

株式市場に試練、割安銘柄には投資機会も

Expect a Tough Year for Stocks but Opportunities for Bargain Hunters

投資プロによる2022年市場見通しと推奨銘柄

紆余曲折

Illustration by Alvvino
米連邦準備制度理事会(FRB)の金融政策はインフレ上昇をあおる一因となったが、FRBは今やインフレを沈静化するために、金融システムから流動性を吸い上げる準備を整えている。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)時代のパーティーは終わったようだ。株式、債券および暗号資産(仮想通貨)といったほぼ全ての資産クラスが2022年の年明けから困難に直面し、状況はさらに悪化するかもしれない。

それが、本誌ラウンドテーブルの10人の投資家の一致した見解…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Lauren R. Rublin
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

ランキング

ranking
  1. Why Splunk Stock Is Worth a Look
  2. This Top Pro Invests in Healthcare Trailblazers. 4 of Her Favorite Plays.
  3. Small-Cap Stocks Are Set for Big Gains.12 Holiday Bargains.
  4. A Big Chill Is Here for the Housing Market. Next Year Could Bring More Trouble.
  5. The Fed’s Inflation Fight Must Cause More Pain—to the Job Market.
  6. Another Bad Sign for Tech Stocks—Cloud Spending Is Fading
  7. Stocks Continue to Rally. That Doesn’t Mean the Bear Market Is Going Away.
  8. Stocks Dropped From a Key Level—Again. What That Means.
  9. The Stock Market Could Get Crazy Again With a Volatility Spike
  10. Housing Stocks Are Down. But There Are Already Signs of a Rebound.