WEEKLY 2022年1月23日号

今、「FRBプット」の効力はないのか

Is the ‘Fed Put’ Kaput? Gone for Now but Not for Good.

再発動の引き金は大幅な株価の下落か

FRBは信頼回復を重視

Graeme Jennings / POOL / AFP / Getty Images
投資家は、米連邦準備制度理事会(FRB)が金融市場を支え、投資家の株価下落に対する不安を鎮め、資産価格を安定させるだろうと、長らく期待してきた。しかし、株式市場では損失が積み上がり、FRB幹部の発言はタカ派色を強め、金融政策は引き締め方向にある。

株価急落時にFRBが流動性を供給する、いわゆる「FRBプット」はなくなったのだろうか。先週、本誌はこの質問を何人かの投資家、ストラテジスト、エコノミストに尋ねた。回答はばらばらだったが、「今回は違う」…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Lisa Beilfuss
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. September Was Bad for Investors. October Could Be Worse.
  2. Amazon and Other Growth Stocks Have Been Hammered. Get Ready to Buy.
  3. Junk-Bond Yields Top 8%. It Could Be a Good Time to Buy.
  4. Stocks are Sinking and Rates Are Rising. We’re Heading for Normal.
  5. Tumbling Markets Imperil Tech, the Dollar, and Private Equity
  6. The Fed Raises Rates by 0.75 Point, Flags Higher Peak Than Expected
  7. What’s Next for the Healthcare Industry, and How to Invest
  8. Will This Be Another ‘Lost Decade’ for the Stock Market?
  9. Will the Dow Go Under 30k?
  10. Don’t Hide When Markets Tank. Instead, Seek Out Opportunity.