WEEKLY 2022年1月30日号

住宅市場の鎮静化に大きな課題

Housing Is the Fed’s Frankenstein, and It Won’t Be Easily Tamed

金融緩和で過熱、FRBの「フランケンシュタイン」に

MBS買い入れが意味するもの

Graeme Jennings/Pool/AFP/Getty Images
米連邦準備制度理事会(FRB)は、住宅市場から解放されたいと望んでいる。それは甘い考えかもしれない。

証券会社メリオン・キャピタル・グループのチーフ・マーケット・ストラテジストであるリチャード・ファー氏によれば、2年前の緊急債券買い入れプログラムの開始以降、FRBが住宅市場に与えた影響を見るには、次の点を考慮すべきである。2021年に76万2000戸の新築住宅が、平均価格45万3700ドルで販売された。一方、FRBは月間400億ドルの住宅ローン担保証券(MBS)を…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Lisa Beilfuss
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. September Was Bad for Investors. October Could Be Worse.
  2. Amazon and Other Growth Stocks Have Been Hammered. Get Ready to Buy.
  3. Junk-Bond Yields Top 8%. It Could Be a Good Time to Buy.
  4. Stocks are Sinking and Rates Are Rising. We’re Heading for Normal.
  5. Tumbling Markets Imperil Tech, the Dollar, and Private Equity
  6. The Fed Raises Rates by 0.75 Point, Flags Higher Peak Than Expected
  7. What’s Next for the Healthcare Industry, and How to Invest
  8. Will This Be Another ‘Lost Decade’ for the Stock Market?
  9. Will the Dow Go Under 30k?
  10. Don’t Hide When Markets Tank. Instead, Seek Out Opportunity.