アルファベット、好決算と株式分割で急伸

Alphabet Stock Is Soaring on an Earnings Beat. The Company Is Finally Splitting Its Stock, Too

7月1日に1株を20株に

広告事業が成長、売上高は32%増

Sean Gallup/Getty Images
グーグルの親会社アルファベット<GOOGL>が1日の取引終了後に発表した第4四半期の売上高は前年同期比32%増の753億ドルで、1株当たり利益(EPS)は30.69ドルだった。同社はさらに1株を20株に分割する計画を明らかにした。投資家はその内容を気に入ったようだ。

ファクトセットによると、アナリストらは売上高723億ドル、EPSは27.68ドルと予想していた。

アルファベット株は2日午前の取引で7.0%高の2946ドルとなった(訳注・終値は7.52%高の2960ドル)。

同社…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Connor Smith
(Source: Dow Jones)
翻訳
時事通信社

ランキング

ranking
  1. Why Splunk Stock Is Worth a Look
  2. This Top Pro Invests in Healthcare Trailblazers. 4 of Her Favorite Plays.
  3. Small-Cap Stocks Are Set for Big Gains.12 Holiday Bargains.
  4. A Big Chill Is Here for the Housing Market. Next Year Could Bring More Trouble.
  5. The Fed’s Inflation Fight Must Cause More Pain—to the Job Market.
  6. Another Bad Sign for Tech Stocks—Cloud Spending Is Fading
  7. Stocks Continue to Rally. That Doesn’t Mean the Bear Market Is Going Away.
  8. Stocks Dropped From a Key Level—Again. What That Means.
  9. The Stock Market Could Get Crazy Again With a Volatility Spike
  10. Housing Stocks Are Down. But There Are Already Signs of a Rebound.