WEEKLY 2022年2月6日号

雇用逼迫でもFRBが金融引き締めに積極的でない理由

Despite Jobs Blowout, Here’s a Reason to Bet on a Less Aggressive Fed

労働生産性の上昇が賃金インフレを相殺

平均時給は大幅に前年を上回る

Graeme Jennings/Pool/AFP/Getty Images
米労働省が4日に発表した1月の雇用統計は労働市場の好調を示し、オミクロン変異株の影響を考えれば出来すぎで、積極的な金融引き締めへの懸念を高めている。しかし、米連邦準備制度理事会(FRB)が恐れられているほどタカ派色を強めない理由を探す投資家は、雇用統計とは別に先週初めに発表されたあまり注目されない統計にその理由を見つけることができる。

まず、雇用統計の数値について、ジェフリーズのチーフ・エコノミストであるアネタ・マルコウスカ氏は、「1月の…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Lisa Beilfuss
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. September Was Bad for Investors. October Could Be Worse.
  2. Amazon and Other Growth Stocks Have Been Hammered. Get Ready to Buy.
  3. Junk-Bond Yields Top 8%. It Could Be a Good Time to Buy.
  4. Stocks are Sinking and Rates Are Rising. We’re Heading for Normal.
  5. Tumbling Markets Imperil Tech, the Dollar, and Private Equity
  6. The Fed Raises Rates by 0.75 Point, Flags Higher Peak Than Expected
  7. What’s Next for the Healthcare Industry, and How to Invest
  8. Will This Be Another ‘Lost Decade’ for the Stock Market?
  9. Will the Dow Go Under 30k?
  10. Don’t Hide When Markets Tank. Instead, Seek Out Opportunity.