負債が少なくPERが低い3銘柄

Debt Could Become a Problem for the Market. These Stocks Could Offer Protection.

パルトグループ、マッケソン、クアルコム

クレジットスプレッドが拡大

Dreamstime
企業が融資を受けるコストが上昇している。そのため住宅建設のパルトグループ<PHM>、医薬品卸売りのマッケソン<MCK>、半導体大手クアルコム<QCOM>など負債が少なく株価収益率(PER)が低い銘柄が有利になっている。

モルガン・スタンレーによると、予想利益に比べて負債が少ない企業の株価は、今年に入ってから営業レバレッジが高い(負債が多い)企業をアンダーパフォームしている。モルガンの米国株式チーフストラテジスト、マイク・ウィルソン氏は「クレジット…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Jacob Sonenshine
(Source: Dow Jones)
翻訳
時事通信社

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. September Was Bad for Investors. October Could Be Worse.
  2. Amazon and Other Growth Stocks Have Been Hammered. Get Ready to Buy.
  3. Junk-Bond Yields Top 8%. It Could Be a Good Time to Buy.
  4. Stocks are Sinking and Rates Are Rising. We’re Heading for Normal.
  5. Tumbling Markets Imperil Tech, the Dollar, and Private Equity
  6. The Fed Raises Rates by 0.75 Point, Flags Higher Peak Than Expected
  7. What’s Next for the Healthcare Industry, and How to Invest
  8. Will This Be Another ‘Lost Decade’ for the Stock Market?
  9. Will the Dow Go Under 30k?
  10. Don’t Hide When Markets Tank. Instead, Seek Out Opportunity.