WEEKLY 2022年3月6日号

原油価格はどこまで、いつまで上がるのか

How High Can Oil Go? And for How Long? What Investors Need to Know.

ウォール街は1バレル=200ドルの試算も

過去には景気後退も

Andrey Rudakov/Bloomberg
この1週間、筆者はウクライナ危機に関する映像と情報を流し続けるテレビやツイッターから距離を置き、投資家にとって最重要事項とも言えるエネルギーについて聞いて回った。

資本市場におけるロシアの存在は微々たるもので、新興国株式市場でロシアが占める割合はタイよりも小さかった。米国がロシアから輸入する原油はほんのわずかだ。だが、ロシアのいわゆる「サワー原油」(硫黄の含有量が多く石油精製が困難なことから割安に評価される)は、原油価格の決定に非常に…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Jack Hough
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

ランキング

ranking
  1. Why Splunk Stock Is Worth a Look
  2. This Top Pro Invests in Healthcare Trailblazers. 4 of Her Favorite Plays.
  3. Small-Cap Stocks Are Set for Big Gains.12 Holiday Bargains.
  4. A Big Chill Is Here for the Housing Market. Next Year Could Bring More Trouble.
  5. The Fed’s Inflation Fight Must Cause More Pain—to the Job Market.
  6. Another Bad Sign for Tech Stocks—Cloud Spending Is Fading
  7. Stocks Continue to Rally. That Doesn’t Mean the Bear Market Is Going Away.
  8. Stocks Dropped From a Key Level—Again. What That Means.
  9. The Stock Market Could Get Crazy Again With a Volatility Spike
  10. Housing Stocks Are Down. But There Are Already Signs of a Rebound.