WEEKLY 2022年3月13日号

ロシアとFRB、どちらも懸念すべき

The Fed or Russia? The Stock Market Should Worry About Both.

市場が落ち着く方向にあるとの見方も

市場には多くの懸念材料

NYSE
先週は、市場が戦争を心配するのをやめ、受け入れようとした1週間として記憶されるかもしれない。

ただし主要株価指数を見ると、そうは思えないかもしれない。先週、S&P500指数は2.9%安の4204.31となり、ダウ工業株30種平均は2.0%安の3万2944ドル19セントで引けた。ナスダック総合指数は3.5%下落して1万2843.81となり、小型株のラッセル2000指数は1.1%安の1979.67で週末を迎えた。

市場には多くの懸念材料があった。ロシアはウクライナとの戦争を終わらせる気配…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Ben Levisohn
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

ランキング

ranking
  1. Why Splunk Stock Is Worth a Look
  2. This Top Pro Invests in Healthcare Trailblazers. 4 of Her Favorite Plays.
  3. Small-Cap Stocks Are Set for Big Gains.12 Holiday Bargains.
  4. A Big Chill Is Here for the Housing Market. Next Year Could Bring More Trouble.
  5. The Fed’s Inflation Fight Must Cause More Pain—to the Job Market.
  6. Another Bad Sign for Tech Stocks—Cloud Spending Is Fading
  7. Stocks Continue to Rally. That Doesn’t Mean the Bear Market Is Going Away.
  8. Stocks Dropped From a Key Level—Again. What That Means.
  9. The Stock Market Could Get Crazy Again With a Volatility Spike
  10. Housing Stocks Are Down. But There Are Already Signs of a Rebound.