医療用大麻の英アカンダ、IPO初日に163%急騰

March’s First IPO, Akanda, Pops 163% in Debut

超小型株に大きなチャンス

吉通貿易は上昇分失い半値に

Dreamstime
医療用大麻を扱う英アカンダ<AKAN>の株価が取引初日の15日、約163%も急騰した。

同社は今月、従来の新規株式公開(IPO)によって上場した最初の企業だ。株価は30ドルの高値で始まり、15日の終値は6.50ドル高の10.50ドル。

アカンダは浮動株式数が少ない超小型株だ。ルネサンス・キャピタルの上級IPOストラテジスト、マット・ケネディ氏は、市場で取引される株数が比較的少ないことから、「すぐに利益を得られる」と考えて、こうした企業の株を買う投資家がいると…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Luisa Beltran
(Source: Dow Jones)
翻訳
時事通信社

ランキング

ranking
  1. Why Splunk Stock Is Worth a Look
  2. This Top Pro Invests in Healthcare Trailblazers. 4 of Her Favorite Plays.
  3. Small-Cap Stocks Are Set for Big Gains.12 Holiday Bargains.
  4. A Big Chill Is Here for the Housing Market. Next Year Could Bring More Trouble.
  5. The Fed’s Inflation Fight Must Cause More Pain—to the Job Market.
  6. Another Bad Sign for Tech Stocks—Cloud Spending Is Fading
  7. Stocks Continue to Rally. That Doesn’t Mean the Bear Market Is Going Away.
  8. Stocks Dropped From a Key Level—Again. What That Means.
  9. The Stock Market Could Get Crazy Again With a Volatility Spike
  10. Housing Stocks Are Down. But There Are Already Signs of a Rebound.