弱気相場入りの可能性小さい

Stocks Hit Bottom 2 Years Ago. Why a New Bear Market Seems Unlikely.

インフレ、致命的な脅威にならず

2年前は新型コロナでリセッション

Michael Nagle/Bloomberg
ちょうど2年前、株価は大きな音を立てて底を打った。2022年、市場はインフレ懸念とロシアのウクライナ侵攻で再び打撃を受けた。

しかしアナリストによれば、再び弱気相場入りすることはなさそうだ。インフレ率の急上昇は懸念材料だが、2020年初めの新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)のように経済への致命的な脅威にはならないという。

S&P500指数は2020年3月23日、2237で終了しパンデミック下の安値を付けた。前月から34%も下げ、20%以上の下落を…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Jacob Sonenshine
(Source: Dow Jones)
翻訳
時事通信社

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. September Was Bad for Investors. October Could Be Worse.
  2. Amazon and Other Growth Stocks Have Been Hammered. Get Ready to Buy.
  3. Junk-Bond Yields Top 8%. It Could Be a Good Time to Buy.
  4. Stocks are Sinking and Rates Are Rising. We’re Heading for Normal.
  5. Tumbling Markets Imperil Tech, the Dollar, and Private Equity
  6. The Fed Raises Rates by 0.75 Point, Flags Higher Peak Than Expected
  7. What’s Next for the Healthcare Industry, and How to Invest
  8. Will This Be Another ‘Lost Decade’ for the Stock Market?
  9. Will the Dow Go Under 30k?
  10. Don’t Hide When Markets Tank. Instead, Seek Out Opportunity.