低ボラティリティー銘柄、景気の不透明感で有望

PepsiCo and 4 Other ‘Low-Volatility’ Stocks That Can Beat the Market

ペプシコ、チャーチ・アンド・ドワイト、ゼネラル・ダイナミクスなど

経済状況にかかわらず着実な収益

Mario Tama/Getty Images
投資家は株式市場の下落からポートフォリオを守るため、低ボラティリティー銘柄を買い集めている。こうした安定した銘柄は、経済の先行き不透明感が高い間は恐らく素晴らしいパフォーマンスを続けることができるだろう。

低ボラティリティー銘柄は、食品・飲料大手ペプシコ<PEP>、家庭用品・パーソナルケア商品メーカー、チャーチ・アンド・ドワイト<CHD>、調味料メーカー、マコーミック<MKC>、廃棄物管理サービスのリパブリック・サービシズ<RSG>、航空宇宙・…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Jacob Sonenshine
(Source: Dow Jones)
翻訳
時事通信社

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. September Was Bad for Investors. October Could Be Worse.
  2. Junk-Bond Yields Top 8%. It Could Be a Good Time to Buy.
  3. Will This Be Another ‘Lost Decade’ for the Stock Market?
  4. Don’t Hide When Markets Tank. Instead, Seek Out Opportunity.
  5. Stocks are Sinking and Rates Are Rising. We’re Heading for Normal.
  6. Don’t Let the Market Scare You: 3 Moves You Can Make Right Now.
  7. What’s Next for the Healthcare Industry, and How to Invest
  8. Tumbling Markets Imperil Tech, the Dollar, and Private Equity
  9. New Alzheimer’s Drug Success Was a Shock. Now There Are 5 Big Questions.
  10. Uber Stock Can Rise on These 2 Trends