住宅建設株は割安

Why the Home Builders Are the Cheapest Stocks Around

強固なバランスシート、株主還元増

ローン金利上昇懸念が圧迫

Scott Olson/Getty Images
米住宅市場は依然として堅調だが、住宅ローン金利の急上昇によって2022年後半から2023年にかけて建設が鈍化するのではないかという投資家の懸念を背景に、関連株は今年に入り動揺している。

その結果、住宅建設業の2022年予想PER(株価収益率)は株式市場で最も低い4倍程度にとどまっている。

多くの銘柄が純資産と同じあるいはそれに近い水準で取引されていることから、このセクターは非常に割安で、リスクリターンは良好に見える。

30年物住宅ローン金利は2021年…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Andrew Bary
(Source: Dow Jones)
翻訳
時事通信社

ランキング

ranking
  1. Why Splunk Stock Is Worth a Look
  2. This Top Pro Invests in Healthcare Trailblazers. 4 of Her Favorite Plays.
  3. Small-Cap Stocks Are Set for Big Gains.12 Holiday Bargains.
  4. A Big Chill Is Here for the Housing Market. Next Year Could Bring More Trouble.
  5. The Fed’s Inflation Fight Must Cause More Pain—to the Job Market.
  6. Another Bad Sign for Tech Stocks—Cloud Spending Is Fading
  7. Stocks Continue to Rally. That Doesn’t Mean the Bear Market Is Going Away.
  8. Stocks Dropped From a Key Level—Again. What That Means.
  9. The Stock Market Could Get Crazy Again With a Volatility Spike
  10. Housing Stocks Are Down. But There Are Already Signs of a Rebound.