自社株買い鈍化の兆し

Bye, Buybacks? No, but Signs Show Some Companies Shifting Focus Away From Them.

停止表明のスタバは急落

時価総額比ではコロナ前の半分

Dreamstime.com
自社株買いは資本配分戦略として多くの米企業に人気があったが、年初から好調に推移した後、やや勢いを失いつつあることを示す兆候がある。

ビーオブエー・セキュリティーズの株式・計量ストラテジスト、ジル・ケアリー・ホール氏は5日の調査ノートで、S&P500指数構成企業の第1四半期の自社株買い発表額が時価総額に占める割合は0.4%と、新型コロナウイルス流行前の5年間の平均0.8%の半分にとどまったと指摘した。

ホール氏は本誌に対し、「2022年は自社株買いよ…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Lawrence C. Strauss
(Source: Dow Jones)
翻訳
時事通信社

ランキング

ranking
  1. Why Splunk Stock Is Worth a Look
  2. This Top Pro Invests in Healthcare Trailblazers. 4 of Her Favorite Plays.
  3. Small-Cap Stocks Are Set for Big Gains.12 Holiday Bargains.
  4. A Big Chill Is Here for the Housing Market. Next Year Could Bring More Trouble.
  5. The Fed’s Inflation Fight Must Cause More Pain—to the Job Market.
  6. Another Bad Sign for Tech Stocks—Cloud Spending Is Fading
  7. Stocks Continue to Rally. That Doesn’t Mean the Bear Market Is Going Away.
  8. Stocks Dropped From a Key Level—Again. What That Means.
  9. The Stock Market Could Get Crazy Again With a Volatility Spike
  10. Housing Stocks Are Down. But There Are Already Signs of a Rebound.