WEEKLY 2022年4月10日号

債券ファンド投資家にとって明るい材料が少なく、ここ数年で最悪の四半期

The Worst Quarter in Years for Bond Fund Investors Had Few Bright Corners

コモディティーファンドを除き、さえない第1四半期のファンド運用

大企業や割安なバリュー株は軟調な株式ファンドの中でやや持ちこたえていた

Qilai Shen/Bloomberg
2022年第1四半期を振り返ったとき、ほとんどのファンド投資家は、その成果を好ましく思わないだろう。

ロシアのウクライナ侵攻は、世界のサプライチェーンと金融システムを混乱させ、世界中の株式相場を暴落させた。新興国市場は、米国証券取引所からの上場廃止の可能性に直面している中国株の急落に引きずられ、昨年からの下落を続けた。上場投資信託(ETF)のiシェアーズMSCIエマージング・マーケットETF<EEM>は3月31日までに7.6%下落し、パフォーマンスは先進国市…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Evie Liu
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. September Was Bad for Investors. October Could Be Worse.
  2. Amazon and Other Growth Stocks Have Been Hammered. Get Ready to Buy.
  3. Junk-Bond Yields Top 8%. It Could Be a Good Time to Buy.
  4. Stocks are Sinking and Rates Are Rising. We’re Heading for Normal.
  5. Tumbling Markets Imperil Tech, the Dollar, and Private Equity
  6. The Fed Raises Rates by 0.75 Point, Flags Higher Peak Than Expected
  7. What’s Next for the Healthcare Industry, and How to Invest
  8. Will This Be Another ‘Lost Decade’ for the Stock Market?
  9. Will the Dow Go Under 30k?
  10. Don’t Hide When Markets Tank. Instead, Seek Out Opportunity.