WEEKLY 2022年4月10日号

債券ファンド投資家にとって明るい材料が少なく、ここ数年で最悪の四半期

The Worst Quarter in Years for Bond Fund Investors Had Few Bright Corners

コモディティーファンドを除き、さえない第1四半期のファンド運用

大企業や割安なバリュー株は軟調な株式ファンドの中でやや持ちこたえていた

Qilai Shen/Bloomberg
2022年第1四半期を振り返ったとき、ほとんどのファンド投資家は、その成果を好ましく思わないだろう。

ロシアのウクライナ侵攻は、世界のサプライチェーンと金融システムを混乱させ、世界中の株式相場を暴落させた。新興国市場は、米国証券取引所からの上場廃止の可能性に直面している中国株の急落に引きずられ、昨年からの下落を続けた。上場投資信託(ETF)のiシェアーズMSCIエマージング・マーケットETF<EEM>は3月31日までに7.6%下落し、パフォーマンスは先進国市…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Evie Liu
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

ランキング

ranking
  1. The 5 Stocks That Rule This Market-and Make Investors Nervous
  2. It’s Time to Think Bigger on AI-How to Find the Next Winners
  3. Western Alliance Stock Is Positioned to Outperform Peers
  4. The Debt-Ceiling Fight Bores the Stock Market. That Could Change Fast.
  5. 10 Picks to Play a Resurgent Energy Sector
  6. Why a Fed Hike Is Still on the Table for June
  7. New Weight-Loss Pills Are Coming. What to Know.
  8. 2 Stocks to Play the AI Boom, From Nvidia CEO’s Earnings Call Remarks
  9. 5 Industrial Stocks to Play a Manufacturing Comeback
  10. Stock Market Optimists Might Be Wrong. Why Investors Shouldn’t Chase the Rally.