AT&T決算、通信事業に好材料

AT&T’s Last Quarter With WarnerMedia Was Messy. But the Telecom Business Stands Out.

メディア事業売却後の業績改善期待裏付け

携帯契約純増数、予想上回る

Stefani Reynolds / AFP via Getty Images
AT&T<T>は、メディア事業を抱えていた最後の四半期に加入者数を大きく伸ばした後、通信事業専業となった新会社が次の章に進むのを見据えている。第1四半期決算は、売却した事業部門の影響を反映して混乱させるような内容だったが、ワイヤレス事業と光ファイバーブロードバンド事業には好材料がたくさんあった。

今回の決算は、より合理化された会社と焦点を絞った経営陣が基本的なパフォーマンスを改善できるというAT&T株に対する強気の見方を裏付けるはずだ。

AT&…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Nicholas Jasinski
(Source: Dow Jones)
翻訳
時事通信社

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. September Was Bad for Investors. October Could Be Worse.
  2. Junk-Bond Yields Top 8%. It Could Be a Good Time to Buy.
  3. Will This Be Another ‘Lost Decade’ for the Stock Market?
  4. Don’t Hide When Markets Tank. Instead, Seek Out Opportunity.
  5. Stocks are Sinking and Rates Are Rising. We’re Heading for Normal.
  6. Don’t Let the Market Scare You: 3 Moves You Can Make Right Now.
  7. What’s Next for the Healthcare Industry, and How to Invest
  8. Tumbling Markets Imperil Tech, the Dollar, and Private Equity
  9. New Alzheimer’s Drug Success Was a Shock. Now There Are 5 Big Questions.
  10. Uber Stock Can Rise on These 2 Trends