WEEKLY 2022年5月1日号

回復色強まるクルーズ船業界は買い時か

Cruising Is Back. Time for Investors to Take a Plunge?

十分な銘柄の比較検討も必要

夏に向け乗船率が上昇

Chandan Khanna/AFP/Getty Images
クルーズ船運航業界ほど新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)で打撃を受けたセクターはないだろう。クルーズ船業界は2020年3月から昨年6月まで、運航を停止しなければならなかった。大手3銘柄が負った傷は、今も癒えていない。

世界最大手で、ある意味業界の代表でもあるカーニバル<CCL>を見ると、株価は52週安値を上回るものの、2020年1月のパンデミックが始まる前の水準をほぼ55%下回る。

株価低迷の背景として多くの要因がある。カーニバルと同業…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Lawrence C. Strauss
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. September Was Bad for Investors. October Could Be Worse.
  2. Junk-Bond Yields Top 8%. It Could Be a Good Time to Buy.
  3. Will This Be Another ‘Lost Decade’ for the Stock Market?
  4. Don’t Hide When Markets Tank. Instead, Seek Out Opportunity.
  5. Stocks are Sinking and Rates Are Rising. We’re Heading for Normal.
  6. Don’t Let the Market Scare You: 3 Moves You Can Make Right Now.
  7. What’s Next for the Healthcare Industry, and How to Invest
  8. Tumbling Markets Imperil Tech, the Dollar, and Private Equity
  9. New Alzheimer’s Drug Success Was a Shock. Now There Are 5 Big Questions.
  10. Uber Stock Can Rise on These 2 Trends