S&P500の弱気相場入り、アップルが阻止?

The S&P 500 Could Avoid a Bear Market If Apple Stock Holds Up

巨大銘柄、指数全体を支えるか

カギは150ドルの下値支持線

Michael M. Santiago/Getty Images
S&P500指数は弱気相場の領域に入りそうに見える。しかし、アップル<AAPL>が持ちこたえれば、そうならない可能性も十分ある。

S&P500指数を弱気相場入りさせる恐怖の要因には事欠かない。米連邦準備制度理事会(FRB)は短期金利を引き上げ、保有債券を減らしてインフレを抑制しようとしており、経済と企業の成長ペースが減速する可能性が高い。さらに、中国のロックダウン(都市封鎖)の影響で物資の供給が滞り、企業コストが増加している。

S&P500指数が弱気相場に…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Jacob Sonenshine
(Source: Dow Jones)
翻訳
時事通信社

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. September Was Bad for Investors. October Could Be Worse.
  2. Amazon and Other Growth Stocks Have Been Hammered. Get Ready to Buy.
  3. Junk-Bond Yields Top 8%. It Could Be a Good Time to Buy.
  4. Stocks are Sinking and Rates Are Rising. We’re Heading for Normal.
  5. Tumbling Markets Imperil Tech, the Dollar, and Private Equity
  6. The Fed Raises Rates by 0.75 Point, Flags Higher Peak Than Expected
  7. What’s Next for the Healthcare Industry, and How to Invest
  8. Will This Be Another ‘Lost Decade’ for the Stock Market?
  9. Will the Dow Go Under 30k?
  10. Don’t Hide When Markets Tank. Instead, Seek Out Opportunity.