アップル腰折れ、目を離すな

Apple Stock Has Broken Down. That’s Bad for the Market.

重要な下値支持線割り込む

時価総額世界一から転落

Kevin Frayer/Getty Images
アップル<AAPL>の株価は過去数カ月持ちこたえた重要な下値支持線である150ドルを割り込み、残念な状況だ。

12日の終値は2.69%安の142.56で、時価総額世界一の座をサウジアラビア政府が支援するサウジアラムコ<2222.サウジアラビア>に明け渡してしまった。

それよりも気になるのは、市場全体にとって不吉な兆候となることだ。

11月上旬以降、アップルは150ドルの水準で持ちこたえ、投資家を引き付けてきた。しかし、今回はその水準を割り込んでしまった。

有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Jacob Sonenshine
(Source: Dow Jones)
翻訳
時事通信社

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. September Was Bad for Investors. October Could Be Worse.
  2. Amazon and Other Growth Stocks Have Been Hammered. Get Ready to Buy.
  3. Junk-Bond Yields Top 8%. It Could Be a Good Time to Buy.
  4. Stocks are Sinking and Rates Are Rising. We’re Heading for Normal.
  5. Tumbling Markets Imperil Tech, the Dollar, and Private Equity
  6. The Fed Raises Rates by 0.75 Point, Flags Higher Peak Than Expected
  7. What’s Next for the Healthcare Industry, and How to Invest
  8. Will This Be Another ‘Lost Decade’ for the Stock Market?
  9. Will the Dow Go Under 30k?
  10. Don’t Hide When Markets Tank. Instead, Seek Out Opportunity.