WEEKLY 2022年5月15日号

米FRBのタカ派姿勢、ピークの可能性

Fed Hawkishness May Be Near Its Peak, Even if Inflation Isn’t

インフレ高止まりでも

債券利回りスプレッドが急拡大、FRBの姿勢転換を示唆

Al Drago/Bloomberg
過去1週間にわたり、4月の米消費者物価指数(CPI)と打ち続く株式市場の混乱が、投資家の注目を集めた。少なくとも、米連邦準備制度理事会(FRB)の金融政策の道筋を予測するという点から見れば、投資家は間違ったところを見ているかもしれない。

投資家が抱く最大の疑問の一つは、FRBは金融市場の深刻な急落に際し、市場を下支えして投資家を救済するという考え方、いわゆる「FRBプット」が依然として存在しているのかという点だ。FRBはインフレ対応で後手に回り、株価…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Lisa Beilfuss
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. September Was Bad for Investors. October Could Be Worse.
  2. Amazon and Other Growth Stocks Have Been Hammered. Get Ready to Buy.
  3. Junk-Bond Yields Top 8%. It Could Be a Good Time to Buy.
  4. Stocks are Sinking and Rates Are Rising. We’re Heading for Normal.
  5. Tumbling Markets Imperil Tech, the Dollar, and Private Equity
  6. The Fed Raises Rates by 0.75 Point, Flags Higher Peak Than Expected
  7. What’s Next for the Healthcare Industry, and How to Invest
  8. Will This Be Another ‘Lost Decade’ for the Stock Market?
  9. Will the Dow Go Under 30k?
  10. Don’t Hide When Markets Tank. Instead, Seek Out Opportunity.