なぜ一つの銘柄がダウを押し下げたのか

The Dow Tumbled to Its Worst Day Since 2020. How One Stock Made It Happen.

ターゲット決算が引き金に

インフレ懸念が再燃

Photo by Spencer Platt/Getty Images
たった一つの銘柄が最悪の恐怖を呼び起こすことがある。18日はそれが小売り大手ターゲット<TGT>だった。

投資家の悪夢が正夢になったような一日だった。ダウ工業株30種平均(NYダウ)は1164.52ドル(3.6%)、S&P500指数は4%、ナスダック総合指数は4.7%下落した。S&P500とNYダウの下落率は2020年6月11日以来最大で、S&P500のうち値上がりしたのはわずか7銘柄にとどまった。

全てではないにせよ、そのほとんどがターゲットの四半期決算が理由だった。業績が予想を…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Joe Woelfel
(Source: Dow Jones)
翻訳
時事通信社

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. September Was Bad for Investors. October Could Be Worse.
  2. Junk-Bond Yields Top 8%. It Could Be a Good Time to Buy.
  3. Will This Be Another ‘Lost Decade’ for the Stock Market?
  4. Don’t Hide When Markets Tank. Instead, Seek Out Opportunity.
  5. Stocks are Sinking and Rates Are Rising. We’re Heading for Normal.
  6. Don’t Let the Market Scare You: 3 Moves You Can Make Right Now.
  7. What’s Next for the Healthcare Industry, and How to Invest
  8. Tumbling Markets Imperil Tech, the Dollar, and Private Equity
  9. New Alzheimer’s Drug Success Was a Shock. Now There Are 5 Big Questions.
  10. Uber Stock Can Rise on These 2 Trends