S&P500、弱気相場入りなら一段安か

The S&P 500 Is Near a Bear Market. History Says It’s Not Done Falling.

「20%下落」、第2次大戦以降は12回

踏みとどまったのは5回

Spencer Platt/Getty Images
S&P500指数は18日に4%下落して史上最高値から18%値を下げた。高値から20%安と定義される弱気相場入りに近づいている。

今後の見通しは不透明だ。第2次世界大戦以降の12回の弱気相場のうち、9回は少なくとも25%下落した。

そのうち3回はひどい暴落で、1973、2000、2007年には40%以上値を消し、低迷が長く続いた。ただ、現在のように20%近く下落したものの、その直前で踏みとどまったことも5回ある。

25%以上下落した9回の平均下落率は38%だった。1973、200…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Evie Liu
(Source: Dow Jones)
翻訳
時事通信社

ランキング

ranking
  1. How China’s Covid-19 Protests Could Ultimately Help Stocks
  2. BlackRock Sees Opportunities in Energy and Healthcare Stocks in 2023
  3. After Tesla, EV Stock Choices Are Clear but Not Great
  4. A Big Chill Is Here for the Housing Market. Next Year Could Bring More Trouble.
  5. Small-Cap Stocks Are Set for Big Gains.12 Holiday Bargains.
  6. Why Splunk Stock Is Worth a Look
  7. Stocks Continue to Rally. That Doesn’t Mean the Bear Market Is Going Away.
  8. This Top Pro Invests in Healthcare Trailblazers. 4 of Her Favorite Plays.
  9. The Fed’s Inflation Fight Must Cause More Pain—to the Job Market.
  10. Another Bad Sign for Tech Stocks—Cloud Spending Is Fading