WEEKLY 2022年5月22日号

激変期の12の投資対象

Global Trade Is Getting a Reboot. Here’s How to Profit.

グローバリゼーション2.0に備えよ

荒れ相場が好機に

Illustration by Harry Campbell
グローバル化は過去40年間で世界経済を変えた。ヒト、モノ、カネの自由な流れが各国をつなぎ、成長を促し、(少なくとも理論上は)地政学的な融和を生み出した。しかし、こうした動きが今後も続くかは疑問だ。米中の緊張、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)、ロシアのウクライナ侵攻は、世界が一体化するリスクを明らかにしている。

米国商工会議所の国際情勢担当責任者マイロン・ブリリアント氏は「企業は長年、中国やロシアとの緊張が断続的に高まっ…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Reshma Kapadia
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. The Market’s Cheapest Stocks Offer Substantial Value.
  2. The Stock Market’s Rally Is Real. It’s Still a Bear Market.
  3. Tesla Stock Gets a Price-Target Cut. This One Isn’t Related to Interest Rates.
  4. 4 Takeaways From the Barron’s Investing in Tech Conference.
  5. Berkshire Holds 16.4% of Occidental Petroleum After Recent Purchase
  6. Tech Is at Risk as J.P. Morgan Lowers Estimates on 26 Stocks. Amazon, Booking and Uber Are Its Top Picks.
  7. Stocks Break Out. Will Recent Market Declines Restrain the Fed?
  8. Why Starbucks Stock Could Be Ready to Run.
  9. Carvana’s Tower of Troubles.
  10. 6 Oil Stocks That Can Buck Increased Bearishness