WEEKLY 2022年5月22日号

安値拾いはほどほどに

Warning to Bargain Hunters: 6 Stocks That Aren’t as Cheap as They Look.

見た目ほどでない6銘柄

重視するのはファンダメンタルズ

David Paul Morris/Bloomberg
株式が下落し、掘り出し物が出回っている。しかし、弱気相場で押し目買いを狙っても、損失を増やす可能性がある。株価上昇局面で使える戦術が下落局面で有効とは限らない。

米連邦準備制度理事会(FRB)が経済に資金を投入することで活性化している強気市場では、企業がどのような数字を決算で発表するかは重要でない。決算が予想を上回れば、普通、その会社の株価は上がる。

ただ、株価が下落している時は、一般に公正妥当と認められた会計原則(GAAP)に基づく決算…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Al Root
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. September Was Bad for Investors. October Could Be Worse.
  2. Junk-Bond Yields Top 8%. It Could Be a Good Time to Buy.
  3. Will This Be Another ‘Lost Decade’ for the Stock Market?
  4. Don’t Hide When Markets Tank. Instead, Seek Out Opportunity.
  5. Stocks are Sinking and Rates Are Rising. We’re Heading for Normal.
  6. Don’t Let the Market Scare You: 3 Moves You Can Make Right Now.
  7. What’s Next for the Healthcare Industry, and How to Invest
  8. Tumbling Markets Imperil Tech, the Dollar, and Private Equity
  9. New Alzheimer’s Drug Success Was a Shock. Now There Are 5 Big Questions.
  10. Uber Stock Can Rise on These 2 Trends