このハイテク7銘柄は割安かも

7 Beaten-Up Tech Stocks That Could Be Bargains

半導体はマイクロン、クアルコム、アプライド、ラム

年初来20%超下落、PER16.7倍以下を探す

David Paul Morris/Bloomberg
今年は米国株にとってひどい年だが、グロース株のハイテク銘柄にはひどさが倍増している。

債券利回り上昇と景気後退懸念が重なり、昨年末からハイテクセクターを圧迫している。

ナスダック総合指数は年初来22%安、S&P500指数は13%安。メタ<FB>(旧フェイスブック)やスナップ<SNAP>などのソーシャルメディア、ネットフリックス<NFLX>などのストリーミング、エヌビディア<NVDA>などの半導体など、あらゆるハイテクセクターが痛んでいる。

ナスダックに…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Connor Smith
(Source: Dow Jones)
翻訳
David Paul Morris/Bloomberg

ランキング

ranking
  1. Why Splunk Stock Is Worth a Look
  2. This Top Pro Invests in Healthcare Trailblazers. 4 of Her Favorite Plays.
  3. Small-Cap Stocks Are Set for Big Gains.12 Holiday Bargains.
  4. A Big Chill Is Here for the Housing Market. Next Year Could Bring More Trouble.
  5. The Fed’s Inflation Fight Must Cause More Pain—to the Job Market.
  6. Another Bad Sign for Tech Stocks—Cloud Spending Is Fading
  7. Stocks Continue to Rally. That Doesn’t Mean the Bear Market Is Going Away.
  8. Stocks Dropped From a Key Level—Again. What That Means.
  9. The Stock Market Could Get Crazy Again With a Volatility Spike
  10. Housing Stocks Are Down. But There Are Already Signs of a Rebound.