WEEKLY 2022年6月5日号

6月の急落を恐れる投資家

Fear of a June Swoon Rattles Investors. Is a Rebound Lurking?

急落後の反転はあるか

悪材料が目白押し

Stephanie Keith/Bloomberg
今年の6月は違う。どこを見ても2月の最も灰色がかった数週間のように、暗い雰囲気に包まれている。その不吉な予感は、企業側で最もひどくなっているようだ。金融大手JPモルガン・チェース<JPM>のジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)は先週、ハリケーンに備えよと警告した。電気自動車(EV)メーカーのテスラ<TSLA>のイーロン・マスクCEOは、ロイター通信が入手した電子メールの中で、経済について「とてつもなく悪い印象」を持っていることを告白。そうした思い…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Randall W. Forsyth
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. 5 Things to Watch in the Inflation Reduction Act of 2022
  2. PayPal’s Stock Is Battered. It’s Time to Buy.
  3. Senate Passes Climate Bill. The Rush to Renewable Energy Is On.
  4. July’s Strong Jobs Report Didn’t Crush the Market. What to Look for Next.
  5. GM and 9 Other Stocks That Should Shine in a 2023 Recession: Citi
  6. How to Invest for the Coming Recession
  7. Alphabet and 7 More Stocks Wall Street Loves That Aren’t Too Pricey
  8. Taiwan Is in the Spotlight. The Risk to Tech Investors Grows.
  9. GE’s Looming Breakup Means It’s Time to Buy the Stock
  10. What ‘Dr. Doom’ Says About Today’s Markets