WEEKLY 2022年6月5日号

6月の急落を恐れる投資家

Fear of a June Swoon Rattles Investors. Is a Rebound Lurking?

急落後の反転はあるか

悪材料が目白押し

Stephanie Keith/Bloomberg
今年の6月は違う。どこを見ても2月の最も灰色がかった数週間のように、暗い雰囲気に包まれている。その不吉な予感は、企業側で最もひどくなっているようだ。金融大手JPモルガン・チェース<JPM>のジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)は先週、ハリケーンに備えよと警告した。電気自動車(EV)メーカーのテスラ<TSLA>のイーロン・マスクCEOは、ロイター通信が入手した電子メールの中で、経済について「とてつもなく悪い印象」を持っていることを告白。そうした思い…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Randall W. Forsyth
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

ランキング

ranking
  1. How China’s Covid-19 Protests Could Ultimately Help Stocks
  2. BlackRock Sees Opportunities in Energy and Healthcare Stocks in 2023
  3. After Tesla, EV Stock Choices Are Clear but Not Great
  4. A Big Chill Is Here for the Housing Market. Next Year Could Bring More Trouble.
  5. Small-Cap Stocks Are Set for Big Gains.12 Holiday Bargains.
  6. Why Splunk Stock Is Worth a Look
  7. Stocks Continue to Rally. That Doesn’t Mean the Bear Market Is Going Away.
  8. This Top Pro Invests in Healthcare Trailblazers. 4 of Her Favorite Plays.
  9. The Fed’s Inflation Fight Must Cause More Pain—to the Job Market.
  10. Another Bad Sign for Tech Stocks—Cloud Spending Is Fading