WEEKLY 2022年6月5日号

人気のターゲット・デート・ファンド、的を外す

Off Target: How a Popular Retirement Strategy Is Coming Up Short

確定拠出年金の苦戦に学ぶ

リスクに対して低いリターン

Dreamstime
今年50歳になる筆者は、確定拠出年金(401k)プランのキャッチアップ掛金により従来の2万0500ドルの枠に加えて6500ドルを追加拠出できることになった。60歳を対象にキャッチアップ掛金を1万ドルに引き上げる「SECURE法2.0」という法案も議会に提出されており、可決されるかもしれない。

401kプランは、どの銘柄が組み込まれるのかは分かるが、退職時点でどの程度の金額が残り、その資金がいつまで続くか分からないという制度だ。この制度は今や米国の退職金資産の70%を…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Jack Hough
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

ランキング

ranking
  1. Bye-Bye, Bear Market? The Worst Could Be Over for Stocks.
  2. Amazon Stock Is Down Big. Get Ready for a Huge Rally.
  3. Here’s How to Maximize Your Wealth Over the Next Decade
  4. Quantum Computing Will Change the World
  5. Borrowing Surge Makes Quick End to Rate Hikes Unlikely
  6. The Next U.S. Energy Revolution Is Here
  7. Stocks Have Already Bottomed. How We Know.
  8. Amazon Is Getting Back to Its E-Commerce Roots. The Stock Should Benefit.
  9. Stocks Are Clawing Their Way Back. Consider These Moves for 2023.
  10. How China’s Covid-19 Protests Could Ultimately Help Stocks