ターゲット・ショック再び:嵐の予感

Target’s Warning Is an Economic Message With a Twist

3週間で2度のガイダンス引き下げ

在庫処分で利益減少

Joe Raedle/Getty Images
消費者は一息つき始めている。問題は、それが全体のインフレを引き下げるのに十分かどうか、それまでの間に企業がどれほど打撃を受けるかだ。

小売り大手ターゲット<TGT>は7日、過去3週間で2回目となるガイダンスの引き下げを行った。不要な在庫を処分するために商品の発注をキャンセルして値下げも行い、利益が減少するという。

ターゲットは5月18日の四半期決算発表で、消費者支出が予想以上に商品からサービスへとシフトし、生活必需品への支出増加の反動で裁量…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Lisa Beilfuss
(Source: Dow Jones)
翻訳
時事通信社

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. 5 Things to Watch in the Inflation Reduction Act of 2022
  2. PayPal’s Stock Is Battered. It’s Time to Buy.
  3. Senate Passes Climate Bill. The Rush to Renewable Energy Is On.
  4. July’s Strong Jobs Report Didn’t Crush the Market. What to Look for Next.
  5. GM and 9 Other Stocks That Should Shine in a 2023 Recession: Citi
  6. How to Invest for the Coming Recession
  7. Alphabet and 7 More Stocks Wall Street Loves That Aren’t Too Pricey
  8. Taiwan Is in the Spotlight. The Risk to Tech Investors Grows.
  9. GE’s Looming Breakup Means It’s Time to Buy the Stock
  10. What ‘Dr. Doom’ Says About Today’s Markets