WEEKLY 2022年6月12日号

アップルの新しい事業の柱は何か?

Apple Needs ‘One More Thing’—and It Will Have to Be Big

拡張現実、自動車、金融でイノベーション目指す

今年の開発者会議では画期的なアイデアは発表されなかったが…

Courtesy of Apple
アップル<AAPL>の売上高は米国企業の中でウォルマート<WMT>、アマゾン・ドット・コム<AMZN>に次ぐ3番目の規模で、2022年度には4000億ドルに達する見通しだ。しかもアップルは近年、株主への還元額を増やしている。だが、投資家がアップルの時価総額を米国企業の中で最大にしている主な要因はアップルのイノベーション能力、つまり売上高をさらに増やすことのできる新しいアイデアを生み出す力である。

アップルは先週開催した毎年恒例の世界開発者会議(WWDC)で…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Eric J. Savitz
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

ランキング

ranking
  1. Arm Is a Pricey Bet on AI
  2. If You Missed Nvidia Stock’s Runup, You May Not Have Missed the AI Trade
  3. 6 Growth Stocks That Look Recession-Resistant, According to Morgan Stanley
  4. Don’t Fret the Fed. Buy Meta and These Stocks as Wedbush Sees Tech Rally Momentum.
  5. Amazon, Alphabet, Meta, and 12 More Stocks Wall Street Loves for 2024
  6. She Thinks the S&P 500 Is Still Your Best Bet.
  7. Why a Fed Hike This Year Doesn’t Matter. And Why Rate Cuts in 2024 Do.
  8. Amid Arm Mania, Don’t Overlook Tech’s Real Trial
  9. Why the UAW Strike Isn't the Biggest Issue for Ford and GM
  10. Barron’s Top Independent Financial Advisors