WEEKLY 2022年6月12日号

現時点ではFRBは市場の味方にならず

The Stock Market Used to Have a Friend in the Fed. Now It Has a Problem.

インフレ対応の引き締め姿勢続く

CPIは40年ぶり高水準

Al Drago/Bloomberg
米連邦準備制度理事会(FRB)はインフレ対策に、おそらく投資家が考えている以上に本腰を入れている。それは株式市場にさらなる痛みが待ち受けていることを意味する。先週の主要株価指数は、ダウ工業株30種平均が前週末から4.6%安の3万1392ドル79セント、S&P500指数が5.1%安の3900.86、ナスダック総合指数が5.6%安の1万1340.02でそれぞれ引けた。小型株のラッセル2000指数は4.4%安の1800.28で週末を迎えた。

市場が痛むとFRBはすぐにひるむと知られていることからす…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Nicholas Jasinski
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. How to Invest for the Next 10 Years.
  2. 5 Stocks to Own for the Next 10 Years.
  3. It’s Time to Wade Back Into Tech-Just Don’t Expect Instant Gains.
  4. The 10 Hottest Stocks for the Long Haul
  5. Bond Yields Are Finally Looking Attractive. What to Buy Now.
  6. New Alzheimer’s Drug Success Was a Shock. Now There Are 5 Big Questions.
  7. The Fed Is Starting to Break Things. Stocks Are Paying the Price.
  8. How a Top Fixed-Income Pro Is Navigating the Storm in the Markets.
  9. Logistics Not to Blame for Tesla’s Deliveries Miss. There Is a Much Bigger Reason.
  10. Stocks Just Suffered Their Worst September Since 2002. What That Means for October.