ゴールドマンとウェルズが簿価割れ

Goldman Sachs and Wells Fargo Are Now Trading Below Book Value. Time to Pounce.

昔からの定石なら「買い」

2020年は大幅反発

Spencer Platt/Getty Images
ゴールドマン・サックス<GS>の株価が簿価(1株当たりの株主資本)を下回ったら買う、というのが昔からの定石だが、またそのチャンスが来た。

ゴールドマンは10日、5.5%安の287.56ドルで引けた。この結果、2020年以来初めて第1四半期の簿価293ドルを割り込んだ。

簿価は企業の清算価値(資産や負債を全て時価に置き換えた評価額)に相当し、多くの場合、株価の下限を示す。ゴールドマンは高い収益性を維持しており、通常は清算価値より値打ちがあると考えられる。
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Andrew Bary
(Source: Dow Jones)
翻訳
時事通信社

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. September Was Bad for Investors. October Could Be Worse.
  2. Amazon and Other Growth Stocks Have Been Hammered. Get Ready to Buy.
  3. Junk-Bond Yields Top 8%. It Could Be a Good Time to Buy.
  4. Stocks are Sinking and Rates Are Rising. We’re Heading for Normal.
  5. Tumbling Markets Imperil Tech, the Dollar, and Private Equity
  6. The Fed Raises Rates by 0.75 Point, Flags Higher Peak Than Expected
  7. What’s Next for the Healthcare Industry, and How to Invest
  8. Will This Be Another ‘Lost Decade’ for the Stock Market?
  9. Will the Dow Go Under 30k?
  10. Don’t Hide When Markets Tank. Instead, Seek Out Opportunity.