S&P500弱気相場入り、下値のめどは?

The Stock Market Is Getting Crushed. How Much More It Could Fall.

テクニカル分析:月足なら3617、リスクが高まれば3250も

13日終値は3.88%安の3749

Spencer Platt/Getty Images
株式市場は再び悪い方向へ向かっている。

投資家は今すぐ買おうと思うかもしれないが、テクニカルアナリストは一段安を警告する。

S&P500指数は取引終了の1時間半ほど前に3.2%安の3776.93で取引された。この水準で終われば弱気相場となる。弱気相場は20%超の下落と定義され、3837がその線引きだ(訳注・終値は3.88%安の3749.63)。

ここまで下がれば、これ以上悪くはならないと感じるかもしれない。しかし、厳しい現実として、S&P500は明らかに弱気のサインを…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Jacob Sonenshine
(Source: Dow Jones)
翻訳
時事通信社

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. 5 Things to Watch in the Inflation Reduction Act of 2022
  2. PayPal’s Stock Is Battered. It’s Time to Buy.
  3. Senate Passes Climate Bill. The Rush to Renewable Energy Is On.
  4. July’s Strong Jobs Report Didn’t Crush the Market. What to Look for Next.
  5. GM and 9 Other Stocks That Should Shine in a 2023 Recession: Citi
  6. How to Invest for the Coming Recession
  7. Alphabet and 7 More Stocks Wall Street Loves That Aren’t Too Pricey
  8. Taiwan Is in the Spotlight. The Risk to Tech Investors Grows.
  9. GE’s Looming Breakup Means It’s Time to Buy the Stock
  10. What ‘Dr. Doom’ Says About Today’s Markets