S&P500の弱気相場を歴史から学ぶ

The Bear Market Is Officially Here. What Comes Next, According to History.

長期投資家にはチャンス

1929年以降20回、平均36%下落

Spencer Platt/Getty Images
S&P500指数が弱気相場入りした。歴史を見れば相場が上向く前にさらに下落することが予想されるが、投資家が今飛び込めば長期的に大きな利益を得る可能性がある。

S&P500の13日の終値は3749.63で、最近の高値から20%超下落した。赤字だらけの株価スクリーンを見て明るいことを考えるのは難しいかもしれないが、過去の弱気相場の歴史を調べてみると、投資家にとって良いニュースも悪いニュースもあることが分かる。

1929年以来、S&P500は24回以上の弱気相場を経験して…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Nicholas Jasinski
(Source: Dow Jones)
翻訳
時事通信社

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. 5 Things to Watch in the Inflation Reduction Act of 2022
  2. PayPal’s Stock Is Battered. It’s Time to Buy.
  3. Senate Passes Climate Bill. The Rush to Renewable Energy Is On.
  4. July’s Strong Jobs Report Didn’t Crush the Market. What to Look for Next.
  5. GM and 9 Other Stocks That Should Shine in a 2023 Recession: Citi
  6. How to Invest for the Coming Recession
  7. Alphabet and 7 More Stocks Wall Street Loves That Aren’t Too Pricey
  8. Taiwan Is in the Spotlight. The Risk to Tech Investors Grows.
  9. GE’s Looming Breakup Means It’s Time to Buy the Stock
  10. What ‘Dr. Doom’ Says About Today’s Markets