WEEKLY 2022年6月19日号

資産運用会社は割安株

Stocks Won’t Sink Forever. Here Are Cheap Plays on the Market’s Recovery

市場はいずれ回復する

弱気市場が利益圧迫

Jeenah Moon/Bloomberg
資産運用会社は今年の下げ相場の中で大きく売られ、下落率が35~45%とS&P500指数の倍に近い会社もある。株式や債券市場に最も直接結び付く業界であり、弱気市場は運用資産額や収入、利益を圧迫する。2022年の予想利益は最近引き下げられており、昨年の水準を下回る見通しだ。

しかし、状況の悪化にもかかわらず資産運用会社は魅力的に見える。多くの資産運用会社の2022年予想利益に基づくPER(株価収益率)は10倍以下であり、配当利回りは3~5%ある。ほとんどの会社の…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Andrew Bary
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

ランキング

ranking
  1. How China’s Covid-19 Protests Could Ultimately Help Stocks
  2. BlackRock Sees Opportunities in Energy and Healthcare Stocks in 2023
  3. After Tesla, EV Stock Choices Are Clear but Not Great
  4. A Big Chill Is Here for the Housing Market. Next Year Could Bring More Trouble.
  5. Small-Cap Stocks Are Set for Big Gains.12 Holiday Bargains.
  6. Why Splunk Stock Is Worth a Look
  7. Stocks Continue to Rally. That Doesn’t Mean the Bear Market Is Going Away.
  8. This Top Pro Invests in Healthcare Trailblazers. 4 of Her Favorite Plays.
  9. The Fed’s Inflation Fight Must Cause More Pain—to the Job Market.
  10. Another Bad Sign for Tech Stocks—Cloud Spending Is Fading