WEEKLY 2022年6月19日号

大手製薬会社が大手バイオテクノロジー会社へ変貌

The Days of Big Pharma Are Over. What the Era of Big Biotech Means

価格設定と科学的進歩によりビジネスモデルが変化

数十年続く専業化の流れ

Illustration by Mark Pernice
英製薬大手グラクソ・スミスクラインは来月、大規模な消費者向け医薬品部門をスピンオフする。これは総合製薬コングロマリット(複合企業)としてのグラクソ・スミスクラインの実質的な終わりであり、バイオ製薬専業会社のGSK<GSK>の誕生でもある。

GSKの変化は、世界最大手クラスの製薬会社のほとんどが過去何十年もかけて経験してきたプロセスの最終地点と言える。そのプロセスとは、これらの製薬会社が、アムジェン<AMGN>やギリアド・サイエンシズ<GILD>のよう…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Josh Nathan-Kazis
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. The Stock Market Finally Understands What’s Coming
  2. Why the Dollar Could Be on Its Way to a Record Year
  3. Netflix and Disney+ to Wade in With Ads
  4. Short-Term Bonds Yield 4%. Why They Could Beat Cash.
  5. Bulls Get Scorched by FedEx. Don’t Expect The Fed to Help.
  6. Amazon and Other Growth Stocks Have Been Hammered. Get Ready to Buy.
  7. Forget a Fed Pivot. Rates Will Stay High as Inflation Persists.
  8. Here Are the Top Independent Financial Advisors.
  9. Will the Dow Go Under 30k?
  10. Cathie Wood’s ARK Sees a Huge Jump in EV Sales Coming. Cost Is the Key.