WEEKLY 2022年6月19日号

FRBのタカ派転換とガイダンスに矛盾

The Fed’s Guidance Clashes With Its Hawkish Turn

真意がつかみにくいメッセージ

ソフトランディングはあり得ない

Olivier Douliery/AFP via Getty Images
米連邦準備制度理事会(FRB)は0.75%の利上げに踏み切り、インフレ対策に本腰を入れて取り組む姿勢を明らかにした。だがFRBのメッセージは複雑で分かりにくい点が多く、投資家はFRBの思惑をつかみかねている。

まずは6月の政策声明から見てみよう。FRBは、第1四半期にマイナス成長だった経済活動が持ち直しており、労働市場では雇用の堅調な拡大が続き失業率も低いことから、経済成長に楽観的な見方を示した。だが、三菱UFJフィナンシャル・グループの機関投資家部門で…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Lisa Beilfuss
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

ランキング

ranking
  1. How China’s Covid-19 Protests Could Ultimately Help Stocks
  2. BlackRock Sees Opportunities in Energy and Healthcare Stocks in 2023
  3. After Tesla, EV Stock Choices Are Clear but Not Great
  4. A Big Chill Is Here for the Housing Market. Next Year Could Bring More Trouble.
  5. Small-Cap Stocks Are Set for Big Gains.12 Holiday Bargains.
  6. Why Splunk Stock Is Worth a Look
  7. Stocks Continue to Rally. That Doesn’t Mean the Bear Market Is Going Away.
  8. This Top Pro Invests in Healthcare Trailblazers. 4 of Her Favorite Plays.
  9. The Fed’s Inflation Fight Must Cause More Pain—to the Job Market.
  10. Another Bad Sign for Tech Stocks—Cloud Spending Is Fading