WEEKLY 2022年6月19日号

FRBのタカ派転換とガイダンスに矛盾

The Fed’s Guidance Clashes With Its Hawkish Turn

真意がつかみにくいメッセージ

ソフトランディングはあり得ない

Olivier Douliery/AFP via Getty Images
米連邦準備制度理事会(FRB)は0.75%の利上げに踏み切り、インフレ対策に本腰を入れて取り組む姿勢を明らかにした。だがFRBのメッセージは複雑で分かりにくい点が多く、投資家はFRBの思惑をつかみかねている。

まずは6月の政策声明から見てみよう。FRBは、第1四半期にマイナス成長だった経済活動が持ち直しており、労働市場では雇用の堅調な拡大が続き失業率も低いことから、経済成長に楽観的な見方を示した。だが、三菱UFJフィナンシャル・グループの機関投資家部門で…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Lisa Beilfuss
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. 5 Things to Watch in the Inflation Reduction Act of 2022
  2. PayPal’s Stock Is Battered. It’s Time to Buy.
  3. Senate Passes Climate Bill. The Rush to Renewable Energy Is On.
  4. July’s Strong Jobs Report Didn’t Crush the Market. What to Look for Next.
  5. GM and 9 Other Stocks That Should Shine in a 2023 Recession: Citi
  6. How to Invest for the Coming Recession
  7. Alphabet and 7 More Stocks Wall Street Loves That Aren’t Too Pricey
  8. Taiwan Is in the Spotlight. The Risk to Tech Investors Grows.
  9. GE’s Looming Breakup Means It’s Time to Buy the Stock
  10. What ‘Dr. Doom’ Says About Today’s Markets