WEEKLY 2022年6月26日号

割安銘柄を探す

The Market’s Cheapest Stocks Offer Substantial Value.

投資する価値のある8銘柄

低PER銘柄をスクリーニング

Illustration by Barron's staff; (reference) Dreamstime (3)
市場で最も割安な銘柄を探しているなら、住宅建設と鉄鋼の二つのセクターが抜きん出ている。本誌は、S&P500指数、S&P中型株400指数およびS&P小型株600指数の構成銘柄の中から、ファクトセットのコンセンサス予想を使用した2022年予想利益に基づく株価収益率(PER)により、最割安銘柄をスクリーニングした。選ばれた30銘柄のうち、14銘柄が住宅建設会社と鉄鋼メーカーで、その全てのPERがわずか2~4倍だった。なお、多くの住宅建設会社の株価純資産倍率(PBR)は約1倍だっ…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Andrew Bary
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. 5 Things to Watch in the Inflation Reduction Act of 2022
  2. Senate Passes Climate Bill. The Rush to Renewable Energy Is On.
  3. GM and 9 Other Stocks That Should Shine in a 2023 Recession: Citi
  4. Alphabet and 7 More Stocks Wall Street Loves That Aren’t Too Pricey
  5. PayPal’s Stock Is Battered. It’s Time to Buy.
  6. Tesla Sets Its Stock Split Date. Let Pre-Split Trading Begin.
  7. July’s Strong Jobs Report Didn’t Crush the Market. What to Look for Next.
  8. How to Invest for the Coming Recession
  9. Don’t Trust This Stock Rally. Strategists See More Trouble Ahead for S&P 500.
  10. Intel, Micron, and 3 Other Stocks With Direct Exposure to Taiwan