WEEKLY 2022年6月26日号

割安銘柄を探す

The Market’s Cheapest Stocks Offer Substantial Value.

投資する価値のある8銘柄

低PER銘柄をスクリーニング

Illustration by Barron's staff; (reference) Dreamstime (3)
市場で最も割安な銘柄を探しているなら、住宅建設と鉄鋼の二つのセクターが抜きん出ている。本誌は、S&P500指数、S&P中型株400指数およびS&P小型株600指数の構成銘柄の中から、ファクトセットのコンセンサス予想を使用した2022年予想利益に基づく株価収益率(PER)により、最割安銘柄をスクリーニングした。選ばれた30銘柄のうち、14銘柄が住宅建設会社と鉄鋼メーカーで、その全てのPERがわずか2~4倍だった。なお、多くの住宅建設会社の株価純資産倍率(PBR)は約1倍だっ…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Andrew Bary
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

ランキング

ranking
  1. How China’s Covid-19 Protests Could Ultimately Help Stocks
  2. BlackRock Sees Opportunities in Energy and Healthcare Stocks in 2023
  3. After Tesla, EV Stock Choices Are Clear but Not Great
  4. A Big Chill Is Here for the Housing Market. Next Year Could Bring More Trouble.
  5. Small-Cap Stocks Are Set for Big Gains.12 Holiday Bargains.
  6. Why Splunk Stock Is Worth a Look
  7. Stocks Continue to Rally. That Doesn’t Mean the Bear Market Is Going Away.
  8. This Top Pro Invests in Healthcare Trailblazers. 4 of Her Favorite Plays.
  9. The Fed’s Inflation Fight Must Cause More Pain—to the Job Market.
  10. Another Bad Sign for Tech Stocks—Cloud Spending Is Fading