WEEKLY 2022年6月26日号

市場の不振は利上げの歯止めとなるか

Stocks Break Out. Will Recent Market Declines Restrain the Fed?

ネガティブな景況感に反して先週株価は反発

コモディティー価格は下落、債券は急伸

Top Photo/Sipa USA/Alamy
株価の下落は、企業の支出削減や雇用を控えることにつながりかねず、経済にはマイナス要因である一方、米連邦準備制度理事会(FRB)が大幅な利上げ方針を見直すきっかけにもなり得る。実際、FRBが2023年終盤までに金融緩和に転じる可能性もある。

少なくとも、先週は各市場でそのロジックが感じられた。原油、銅などの金属を中心に主要なコモディティー価格が大きく下落し、債券市場は急伸した。株式市場は3週続いた下落基調から反発し、ダウ工業株30種平均は5.4%上昇…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Randall W. Forsyth
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

ランキング

ranking
  1. How China’s Covid-19 Protests Could Ultimately Help Stocks
  2. BlackRock Sees Opportunities in Energy and Healthcare Stocks in 2023
  3. After Tesla, EV Stock Choices Are Clear but Not Great
  4. A Big Chill Is Here for the Housing Market. Next Year Could Bring More Trouble.
  5. Small-Cap Stocks Are Set for Big Gains.12 Holiday Bargains.
  6. Why Splunk Stock Is Worth a Look
  7. Stocks Continue to Rally. That Doesn’t Mean the Bear Market Is Going Away.
  8. This Top Pro Invests in Healthcare Trailblazers. 4 of Her Favorite Plays.
  9. The Fed’s Inflation Fight Must Cause More Pain—to the Job Market.
  10. Another Bad Sign for Tech Stocks—Cloud Spending Is Fading