第2四半期の値下がりワースト5

The 5 Worst Performing Stocks in the S&P 500 This Quarter

レジャー最悪、ネットフリックスも

クルーズ2社がワンツー

Sebastien Salom-Gomis/AFP via Getty Images
なんという四半期だろう。

4月から6月にかけて多くのことが起きた。特に米連邦準備制度理事会(FRB)がインフレ抑制のために1994年以来の大幅な利上げに踏み切り、その積極的な政策がリセッション(景気後退)につながるのではないかという懸念をあおり、市場は大混乱に陥った。

投資家は株式市場から遠ざかっている。S&P500指数は第2四半期に約16%下落した。景気後退への不安が増幅するにつれ、消費支出への懸念も強まり、旅行や娯楽など裁量支出に依存する銘柄が…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Sabrina Escobar
(Source: Dow Jones)
翻訳
時事通信社

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. The Stock Market Finally Understands What’s Coming
  2. Why the Dollar Could Be on Its Way to a Record Year
  3. Netflix and Disney+ to Wade in With Ads
  4. Short-Term Bonds Yield 4%. Why They Could Beat Cash.
  5. Bulls Get Scorched by FedEx. Don’t Expect The Fed to Help.
  6. Amazon and Other Growth Stocks Have Been Hammered. Get Ready to Buy.
  7. Forget a Fed Pivot. Rates Will Stay High as Inflation Persists.
  8. Here Are the Top Independent Financial Advisors.
  9. Will the Dow Go Under 30k?
  10. Cathie Wood’s ARK Sees a Huge Jump in EV Sales Coming. Cost Is the Key.