WEEKLY 2022年7月3日号

今はタカ派な中銀関係者

Central Bankers Talk Tough on Rates. But What if Markets and Economies Tumble?

市場混乱、景気後退なら転換も

金融引き締め継続の覚悟は

Ronald Wittek/Pool/EPA-EFE/Shutterstock
バーナンキ元米連邦準備制度理事会(FRB)議長は、金融政策の98%はコミュニケーションだと主張した。中央銀行関係者は社会や市場に信じてもらいたい目標について、コミュニケーションを図るものだ。しかし、ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁はどうやらそれを聞いていなかったようだ。

ラガルド総裁は6月29日、政策担当者の会合で、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)まで存在していた「低インフレ環境に戻る」かは疑問だと述べた。それは、各国中銀が高…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Randall W. Forsyth
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. The Stock Market Finally Understands What’s Coming
  2. Why the Dollar Could Be on Its Way to a Record Year
  3. Netflix and Disney+ to Wade in With Ads
  4. Short-Term Bonds Yield 4%. Why They Could Beat Cash.
  5. Bulls Get Scorched by FedEx. Don’t Expect The Fed to Help.
  6. Amazon and Other Growth Stocks Have Been Hammered. Get Ready to Buy.
  7. Forget a Fed Pivot. Rates Will Stay High as Inflation Persists.
  8. Here Are the Top Independent Financial Advisors.
  9. Will the Dow Go Under 30k?
  10. Cathie Wood’s ARK Sees a Huge Jump in EV Sales Coming. Cost Is the Key.