オルタナティブ投資のKKRは「買い」

KKR Stock Has Tanked. Why It Could Be a Bargain.

年初来38%下落、PER10倍で割安

「マネタイズ」に期待

Dreamstime
株式や債券など伝統的な投資対象とは異なる商品に投資するオルタナティブ・アセット・マネジャーにとって、今年上半期はひどい状況だった。KKRアンド・カンパニー<KKR>、アポロ・グローバル・マネジメント<APO>、ブラックストーン・グループ<BX>など、このセクターは年初来30%超下落し、金融セクター全体の19.5%安を大きくアンダーパフォームしている。

しかし、この暴落が掘り出し物を生んだとの見方もある。特にKKRは年初来38%安と、52週高値の83.90ドルから…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Luisa Beltran
(Source: Dow Jones)
翻訳
時事通信社

ランキング

ranking
  1. Why Splunk Stock Is Worth a Look
  2. This Top Pro Invests in Healthcare Trailblazers. 4 of Her Favorite Plays.
  3. Small-Cap Stocks Are Set for Big Gains.12 Holiday Bargains.
  4. A Big Chill Is Here for the Housing Market. Next Year Could Bring More Trouble.
  5. The Fed’s Inflation Fight Must Cause More Pain—to the Job Market.
  6. Another Bad Sign for Tech Stocks—Cloud Spending Is Fading
  7. Stocks Continue to Rally. That Doesn’t Mean the Bear Market Is Going Away.
  8. Stocks Dropped From a Key Level—Again. What That Means.
  9. The Stock Market Could Get Crazy Again With a Volatility Spike
  10. Housing Stocks Are Down. But There Are Already Signs of a Rebound.