景気後退乗り切る配当貴族9銘柄

These 9 Dividend Aristocrat Stocks Could Ride Out a Recession

エネルギーはエクソンとシェブロン

5社は年初来のリターンがプラスに

Michael Edwards/Dreamstime.com
リセッション(景気後退)懸念が強まる中、S&P500配当貴族指数構成銘柄の中からより安全な銘柄を探してみよう。

本誌はまず、DEレシオ(負債資本比率)が50%未満の企業を探した。金利が上昇すると、特に負債の一部を借り換える必要がある場合は、借入コストが上昇する。負債が少ないほど良いというのが結論だ。

次に、配当性向(DPR)が70%未満の企業に絞った。70%未満はそれほど低くはないが、利益が伸びれば増配し続ける余地があることを意味する。

さらに、…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Lawrence C. Strauss
(Source: Dow Jones)
翻訳
時事通信社

ランキング

ranking
  1. Why Splunk Stock Is Worth a Look
  2. This Top Pro Invests in Healthcare Trailblazers. 4 of Her Favorite Plays.
  3. Small-Cap Stocks Are Set for Big Gains.12 Holiday Bargains.
  4. A Big Chill Is Here for the Housing Market. Next Year Could Bring More Trouble.
  5. The Fed’s Inflation Fight Must Cause More Pain—to the Job Market.
  6. Another Bad Sign for Tech Stocks—Cloud Spending Is Fading
  7. Stocks Continue to Rally. That Doesn’t Mean the Bear Market Is Going Away.
  8. Stocks Dropped From a Key Level—Again. What That Means.
  9. The Stock Market Could Get Crazy Again With a Volatility Spike
  10. Housing Stocks Are Down. But There Are Already Signs of a Rebound.