シティ:エンデバーとラマは「買い」

Two Media Stocks That Look Oversold, According to Citi

景気後退懸念でも格上げ

高インフレなら名目の消費支出は増加

Dreamstime
ここ数カ月はリセッション(景気後退)懸念で広告収入が減少するとの見方が広がり、メディアやエンターテインメントセクターから投資家が大量に逃げ出した。

最大の懸念は、景気後退が売上高と利益の両方を圧迫する可能性があることだ。確かに不況は広告収入に依存する企業にとっては深刻な問題だ。インフレはコストが高く利益率が低い企業に重くのしかかり、投資家は広告収入のエクスポージャーが高い企業の株を売ることになる。

景気後退時に米国のメディアセクタ…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Sabrina Escobar
(Source: Dow Jones)
翻訳
時事通信社

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. How to Invest for the Next 10 Years.
  2. 5 Stocks to Own for the Next 10 Years.
  3. It’s Time to Wade Back Into Tech-Just Don’t Expect Instant Gains.
  4. The 10 Hottest Stocks for the Long Haul
  5. Bond Yields Are Finally Looking Attractive. What to Buy Now.
  6. New Alzheimer’s Drug Success Was a Shock. Now There Are 5 Big Questions.
  7. The Fed Is Starting to Break Things. Stocks Are Paying the Price.
  8. How a Top Fixed-Income Pro Is Navigating the Storm in the Markets.
  9. Logistics Not to Blame for Tesla’s Deliveries Miss. There Is a Much Bigger Reason.
  10. Stocks Just Suffered Their Worst September Since 2002. What That Means for October.