WEEKLY 2022年7月10日号

アクティブ運用ファンドが復活

Active Funds Are on Top Again. Can It Last?

アウトパフォームは続くか

パッシブより低損失

Illustration by Andrea Ucini
ストックピッカー(銘柄選別者)が再び手数料を手にする時がついに来た。10年以上の慢性的なアンダーパフォーム期を経て、アクティブ運用の株式ミューチュアルファンドと上場投資信託(ETF)が同じカテゴリーのパッシブ運用のファンドをアウトパフォームする割合が徐々に上昇している。

年初から5月末まで、米国株のアクティブ運用ファンドが平均的なパッシブ運用ファンドをアウトパフォームした割合は半分強で、2021年の45%を上回った。この数字は誇るほどではないと…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Karen Hube
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. The Stock Market Finally Understands What’s Coming
  2. Why the Dollar Could Be on Its Way to a Record Year
  3. Netflix and Disney+ to Wade in With Ads
  4. Short-Term Bonds Yield 4%. Why They Could Beat Cash.
  5. Bulls Get Scorched by FedEx. Don’t Expect The Fed to Help.
  6. Amazon and Other Growth Stocks Have Been Hammered. Get Ready to Buy.
  7. Forget a Fed Pivot. Rates Will Stay High as Inflation Persists.
  8. Here Are the Top Independent Financial Advisors.
  9. Will the Dow Go Under 30k?
  10. Cathie Wood’s ARK Sees a Huge Jump in EV Sales Coming. Cost Is the Key.