WEEKLY 2022年7月10日号

株式市場、次週は暗転も

Welcome to the ‘Yes, But’ Stock Market

「確かにそうなのだが」相場

雇用統計の解釈

Joe Raedle/Getty Images
先週の株式市場は「確かにそうなのだが」と言ってしまうようなものだった。

先週の株価上昇を見て、最悪期を脱したと言うのは簡単だ。ダウ工業株30種平均は0.8%上昇して3万1338ドル15セントとなり、S&P500指数は1.9%高の3899.38で引けた。ナスダック総合指数は4.6%高の1万1635.31と、2021年11月以降で最長の5営業日続伸した。小型株のラッセル2000指数は2.4%高の1769.36で週末を迎えた。

確かにそうなのだが、株式市場に先週流れたニュースになぜここまで大きく…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Ben Levisohn
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. The Stock Market Finally Understands What’s Coming
  2. Why the Dollar Could Be on Its Way to a Record Year
  3. Netflix and Disney+ to Wade in With Ads
  4. Short-Term Bonds Yield 4%. Why They Could Beat Cash.
  5. Bulls Get Scorched by FedEx. Don’t Expect The Fed to Help.
  6. Amazon and Other Growth Stocks Have Been Hammered. Get Ready to Buy.
  7. Forget a Fed Pivot. Rates Will Stay High as Inflation Persists.
  8. Here Are the Top Independent Financial Advisors.
  9. Will the Dow Go Under 30k?
  10. Cathie Wood’s ARK Sees a Huge Jump in EV Sales Coming. Cost Is the Key.