ウェルズ・ファーゴ、メディア3銘柄を格下げ

Wells Fargo Cuts Ratings on 3 Media Stocks, Citing Risk of Ad Market Slowdown

広告市場の減速を懸念

オーダシーの目標株価はゼロ

Jason Kempin/Getty Images for Clear Channel
リセッション(景気後退)懸念が強まり、広告費の大幅な減少を懸念する投資家が一部メディア銘柄を売り急いでいる。

ウェルズ・ファーゴのアナリスト、スティーブン・カホール氏は8日、レバレッジ(負債比率)の高いメディア3社の評価を引き下げ、1社の目標株価をゼロに設定した。同氏は「広告部門の景気後退が迫っている。特にラジオやデジタル向けなど、掲載周期の短い広告が大幅減少している」と指摘した。

特にラジオ広告は2023年に約10%減少すると予想している…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Eric J. Savitz
(Source: Dow Jones)
翻訳
時事通信社

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. September Was Bad for Investors. October Could Be Worse.
  2. Junk-Bond Yields Top 8%. It Could Be a Good Time to Buy.
  3. Will This Be Another ‘Lost Decade’ for the Stock Market?
  4. Don’t Hide When Markets Tank. Instead, Seek Out Opportunity.
  5. Stocks are Sinking and Rates Are Rising. We’re Heading for Normal.
  6. Don’t Let the Market Scare You: 3 Moves You Can Make Right Now.
  7. What’s Next for the Healthcare Industry, and How to Invest
  8. Tumbling Markets Imperil Tech, the Dollar, and Private Equity
  9. New Alzheimer’s Drug Success Was a Shock. Now There Are 5 Big Questions.
  10. Uber Stock Can Rise on These 2 Trends