WEEKLY 2022年7月24日号

米国に迫る食料危機

A Food Shortage Could Be Coming, Even in the U.S.

干ばつや太陽光発電が農業圧迫

牛を手放す農家

Matthew Busch/Bloomberg
金融市場やメディアでは利上げやリセッション(景気後退)入りのタイミングばかりが注目を集めているが、忍び寄る食料危機の可能性を見すごすべきではない。肥料、小麦、その他食料関連品目の主要な輸出国であるウクライナの紛争により、世界的な食料不足の懸念が高まっている。多くのエコノミストやストラテジストは「米国は心配ない」としており、米食品医薬品局(FDA)のデータでも、食料はほぼ自給自足の状態で、米国の全土地面積の約半分が農業用地であることが分かる…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Lisa Beilfuss
(Source: Dow Jones)
翻訳
エグゼトラスト株式会社

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. The Stock Market Finally Understands What’s Coming
  2. Why the Dollar Could Be on Its Way to a Record Year
  3. Netflix and Disney+ to Wade in With Ads
  4. Short-Term Bonds Yield 4%. Why They Could Beat Cash.
  5. Bulls Get Scorched by FedEx. Don’t Expect The Fed to Help.
  6. Amazon and Other Growth Stocks Have Been Hammered. Get Ready to Buy.
  7. Forget a Fed Pivot. Rates Will Stay High as Inflation Persists.
  8. Here Are the Top Independent Financial Advisors.
  9. Will the Dow Go Under 30k?
  10. Cathie Wood’s ARK Sees a Huge Jump in EV Sales Coming. Cost Is the Key.