ウクライナ戦争:四つのシナリオ

Where Is the Russia-Ukraine War Leading? 4 Scenarios for Markets.

中国関与なら暴落、戦争収束なら急反発

シナリオ1:現状維持、株価は小幅上昇

Chernetskaya/Dreamstime
2022年上半期の市場や経済はカオスだった。コロンビア・スレッドニードル・インベストメンツのウィリアム・デービス最高投資責任者(CIO)は最近のパネル討論で、ロシアのウクライナ侵攻は「金利上昇、インフレ、サプライチェーン問題、地政学的不安定、市場の混乱、消費者の好みの変化」などの悪影響をもたらしたと指摘した。

世界銀行が2022年4月に発表した欧州と中央アジアの最新情報によると、ウクライナ経済は戦争によって45%以上縮小する可能性があり、壊滅的な…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Quratulain Tejani
(Source: Dow Jones)
翻訳
時事通信社

BARRON’S創刊100周年記念Movie

ランキング

ranking
  1. The Stock Market Finally Understands What’s Coming
  2. Why the Dollar Could Be on Its Way to a Record Year
  3. Netflix and Disney+ to Wade in With Ads
  4. Short-Term Bonds Yield 4%. Why They Could Beat Cash.
  5. Bulls Get Scorched by FedEx. Don’t Expect The Fed to Help.
  6. Amazon and Other Growth Stocks Have Been Hammered. Get Ready to Buy.
  7. Forget a Fed Pivot. Rates Will Stay High as Inflation Persists.
  8. Here Are the Top Independent Financial Advisors.
  9. Will the Dow Go Under 30k?
  10. Cathie Wood’s ARK Sees a Huge Jump in EV Sales Coming. Cost Is the Key.