テスラ債務、なぜジャンク債扱い?

Tesla Wasn’t a ‘Money Furnace’ After All. What It Means for the Stock — and Its Bonds.

ムーディーズの元担当者は「ばかげている」

「マネーの溶鉱炉」発言で激震

Justin Sullivan/Getty Images
結局のところ「マネーの溶鉱炉」で会社は焼け落ちず、暖を取るだけだった。先週第2四半期決算を発表したテスラ<TSLA>のことだ。

テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は6月、テキサス州オースチンとドイツのベルリンにある新工場を「マネーの溶鉱炉」と表現した。これを受けて市場では、第2四半期のキャッシュバーンレート(現金燃焼率、企業の資金余力を示す指標とされる)が悪化するとの懸念が強まった。しかし、事態は心配されたほど悪くならず、決算発…
有料会員限定記事

この記事を読むためには
会員登録と有料プランの購読が必要です。

原文
By Al Root
(Source: Dow Jones)
翻訳
時事通信社

ランキング

ranking
  1. Why Splunk Stock Is Worth a Look
  2. This Top Pro Invests in Healthcare Trailblazers. 4 of Her Favorite Plays.
  3. Small-Cap Stocks Are Set for Big Gains.12 Holiday Bargains.
  4. A Big Chill Is Here for the Housing Market. Next Year Could Bring More Trouble.
  5. The Fed’s Inflation Fight Must Cause More Pain—to the Job Market.
  6. Another Bad Sign for Tech Stocks—Cloud Spending Is Fading
  7. Stocks Continue to Rally. That Doesn’t Mean the Bear Market Is Going Away.
  8. Stocks Dropped From a Key Level—Again. What That Means.
  9. The Stock Market Could Get Crazy Again With a Volatility Spike
  10. Housing Stocks Are Down. But There Are Already Signs of a Rebound.